メカトラックス

PRODUCTS製品紹介 | slee-Pi

チラシダウンロード

ラズベリーパイ用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi」

slee-Pi(スリーピー)は、ラズベリーパイ専用に開発された電源管理・死活監視モジュールです。ボタン電池バックアップのRTC(RealTime Clock、リアルタイムクロック)を搭載、DC 6~24Vの幅広い電源に対応し、ラズベリーパイの安定稼働に加え、間欠(タイマー)動作や死活監視が可能です。これら機能はLinux上で動作する弊社提供の専用ツールで設定が可能で、ハードウエアを意識することなく御利用いただけます。

14,800円(税別)
※上記は「slee-Pi3」の定価、複数台購入時の値引等についてはこちらからお問い合わせください。
  • 特長
  • 関連情報
  • slee-Piブログ
  • よくあるご質問
  • ラズパイ専用設計、豊富な事例と周辺機器で開発を効率化

    ラズベリーパイは2012年の販売開始から年率40%増で出荷が続く、世界的に最も普及しているシングルボードコンピュータ(SBC)です。様々な周辺機器やドキュメント、コミュニティも充実しており、近年では本来の教育用途だけでなく、業務用途でも幅広く活用されています。slee-Piはラズベリーパイ専用に設計されており、組立・接続が簡単で、ハード開発に不慣れな方でも迅速に効率的な開発が可能です。

  • リアルタイムクロック内蔵、間欠動作で低消費電力稼働を実現

    ボタン電池バックアップのリアルタイムクロック(RTC)を搭載、電源オフ状態からラズパイを指定日時に起動(コールドブート)できます。また、ラズパイを起動しない状態での本体消費電力は約10uAで、10分間隔での起動/終了といった間欠動作(タイマー動作)設定により、太陽光パネル稼働時などの低消費電力運用を実現します。(弊社試算では、10分間隔での間欠動作で、消費電力は約80%削減されます。)

  • 電源を強化、本体 / サービスの死活監視や自動での復旧を実現

    DC 6 ~ 24Vの幅広い電源に対応し、それらを基板上で5Vに変換してピンヘッダ経由で供給することでラズパイ本体の安定した稼働を実現します。また、電源電圧値やラズパイ本体のハートビート(heartbeat)、常時稼動ソフト(サービス)の監視等ができ、ラズパイ本体の反応が無い場合の強制的な電源断やその後の電源の再投入などの設定も、弊社提供ユーティリティソフトから容易に可能です。

内容物(slee-Pi3)

  • slee-Pi 3本体

    1個

  • DCジャック - XHP-2コネクタ変換ハーネス

    1本

  • 基板固定用六角スペーサ(M2.6)セット

    4セット

  • 同梱資料

    1部

ピンヘッダは40 pinです。

変換ハーネスのDCジャックは、外径5.5mm 内径2.1mm、センタープラスのDCプラグ用です。

ACアダプタの容量は12V 2.0A以上を推奨しています。

ラズベリーパイ本体、ACアダプタは付属していません。

対応OS等につきましては、こちらを参照ください。

その他、slee-Piに関する不明点はこちらからお問合わせください。

備考

slee-Piシリーズは、ハードウエア構成等により以下のバージョンが存在します。

slee-Pi3
2020年8月3日販売開始
RTCのボタン電池バックアップ、外部入出力端子、電源(2系統)それぞれの電圧監視機能など追加
※slee-Pi3の詳細はこちらを参照ください。(ハードウエア、ツールは他のslee-Piシリーズと異なります)
※外部入出力端子の使用には基礎的な電子回路の知識が必要です、詳細はお問い合わせください。
※動作確認済みラズベリーパイ(RaspberryPi)A+ / 3A+ / B+ / 2B / 3B / 3B+ / 4B(2GB、4GB、8GB)
slee-Pi2 Plus
2018年10月24日販売開始
slee-Pi2に外部入出力端子を追加、外部入力による起動と強制電源断、外部機器のON/OFF等が設定可能
※価格はslee-Pi2と異なります(税別 14,000円)
※外部入出力端子(CN3、CN4)が使用可能な点以外は、slee-Pi2とハードウエア、ツールは同一です。
※外部入出力端子の使用には基礎的な電子回路の知識が必要です、詳細はお問い合わせください。
※動作確認済みラズベリーパイ(RaspberryPi)A+ / 3A+ / B+ / 2B / 3B / 3B+
slee-Pi2
2017年5月17日販売開始
slee-PiにGPIO切替機能等を追加
※slee-Pi2の詳細はこちらを参照ください。(ハードウエア、ツールは他のslee-Piシリーズと異なります)
※動作確認済みラズベリーパイ(RaspberryPi)A+ / 3A+ / B+ / 2B / 3B / 3B+
slee-Pi
2015年4月28日販売開始
旧機種、販売終了(製品組込ユーザー等へのサポートは継続します)

電源断時にラズベリーパイを自動でシャットダウン(簡易UPS初級編)

slee-Pi 2と角型乾電池(006P型 9V)を使って簡易的なUPSを実現します。主電源として12VのACアダプタを想定し、主電源が何らかの理由で停止(ブレーカ落ちた、停電など)したことをslee-Pi 2の電源電圧モニタリング機能で検知、角型乾電池の電力でシャットダウン処理を実行します。

SMS着信で電源停止状態のラズベリーパイを遠隔起動~シャットダウン

遠隔地にあるラズベリーパイを使用したいときだけ起動させ、それ以外は電源を落としておくことが3GPi Ver.2とslee-Pi2の組み合わせで実現します。SORACOM Airを使用することで特定のSMS着信のみに限定して、起動、カメラ撮影~データ送信後~シャットダウンの一連の処理を行います。

slee-Pi(スリーピー)に関するお問い合わせ

動作確認済みラズベリーパイ、slee-Piを使用した事例のブログなどの情報はありますか?
slee-Piの動作確認済みラズベリーパイや同梱品等の情報は、以下を参照ください。
https://mechatrax.com/products/slee-pi/#relation
slee-Piを使用した事例のブログは、以下を参照ください。
https://mechatrax.com/products/slee-pi/#blog
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp0
設定どおりに動作しません。
下記をご確認ください。
※slee-Piシリーズには複数のバージョン(こちらの[関連情報]タブ参照)が存在しますのでご注意ください。
  • ・slee-Pi本体(基板)がピンソケット(40pin)にしっかり差し込まれているか
  • ・slee-Pi本体に対して十分な電源が供給されているか(12V2A以上を推奨)
  • ・ディップスイッチ、ジャンパ等、正しく設定されているか
  • ・slee-Piのバージョンに対応したソフトウエアがセットアップされているか
  • ・RTCの時刻合わせは正常になされているか
  • ・ラズベリーパイシャットダウン時もslee-Piに電源供給されているか
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp1
電源投入時、ラズベリーパイが自動的に起動する場合と起動しない場合があります。(slee-Pi3以外)
slee-Piに搭載されているバックアップキャパシタが空になっているかどうかで、電源投入時の挙動が異なります。slee-Piのバックアップキャパシタが空になっている場合、slee-Pi上の設定が初期化されますので、電源復活時に自動起動します。バックアップキャパシタについてはこちらも参照ください。
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp2
ラズベリーパイ再起動後、時刻がずれています。(slee-Pi3以外)
slee-Piが電源(ACアダプタ、電池等)に接続されていれば、ラズベリーパイのシャットダウン後も時刻が保持されますが、slee-Pi単独では内蔵のバックアップキャパシタ満充電時から3時間程度の保持しか出来ませんのでご注意ください。
※時刻合わせしたslee-Piを別のラズベリーパイに差し替えする際などの簡易時刻保持的な位置づけです、満充電には全く充電されていない状態から10分程度かかります。(2分程度の充電でも数分間の保持は可能です)
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp3
3GPiや4GPiとslee-Piを併用する場合、電源はどのように接続するのが良いでしょうか?
slee-Pi の電源入力を使用してください。
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp4
外部入力端子付slee-Pi 2(slee-Pi 2 Plus)の価格と購入方法を教えてください。
価格は14,000円(税別)で、株式会社スイッチサイエンスの通販サイトより購入できます。
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp5
外部入力端子付slee-Pi 2(slee-Pi 2 Plus)の仕様を教えてください。
slee-Pi 2 Plusは、slee-Piの現行機種(slee-Pi 2)の外部入出力端子CN3CN4を使用可能とした製品です。
slee-Pi 2の詳細仕様についてはこちらを参照ください。
https://mechatrax.com/faq/#faq-slp6