製品紹介Products

ラズベリーパイ用4G(LTE)通信モジュール「4GPi」

4GPi(フォージーパイ)は、ラズベリーパイ専用に開発された4G(LTE)通信モジュールです。ラズベリーパイを携帯電話網経由で高速かつ安定してインターネット接続できることから、ハードウエアが苦手なソフトウエア技術者でも容易にIoT機器等の開発が可能となる周辺機器として、プロトタイピングだけでなく製品組込み等様々なビジネス用途で活用いただいています。

25,000円(税別)
※複数(バルク)購入については別途お問い合わせください。
  • 特長
  • 関連情報
  • 4GPiブログ
  • よくあるご質問
  • ラズベリーパイ専用設計、豊富なIoT事例で調査開発を効率化

    全世界で累計2000万台以上が出荷され、年率40%増で成長が続くラズベリーパイは、様々な周辺機器やドキュメント・コミュニティも充実しています。4GPiはラズベリーパイ専用に設計されているため、組立て・接続が非常に簡単で、ハード開発に不慣れでも、迅速に効率的な開発が可能です。

  • 高速・安定した通信が、すぐに実現

    技適取得済みアンテナ等付属し、前機種3GPi同様ピンヘッダ経由での電源供給を採用、通信モジュールの安定動作に加え、ラズベリーパイ自体の安定動作も実現しています。4G(LTE)回線による高速・安定通信に加え、ラズベリーパイ標準OSのRaspbian向けに専用のツールをパッケージとして提供しているためセットアップも容易です。また、4GPi専用にツールをインストール済みのRaspbianのOSイメージも提供しているためすぐに使用できます。

  • ラズベリーパイ用拡張基板の併用を考慮

    本製品はラズベリーパイのピンヘッダ(40pin)にスタックして使用しますが、GPIOピンの割り当てをジャンパピンで切り替える機能をもっているため、拡張基板を併用する場合に競合を回避しやすくなっています。そのため、ラズベリーパイの豊富なハードウェア資産を組み合わせることで柔軟なシステム設計が可能です。特に、同社「slee-Pi(ラズベリーパイ用電源管理・死活監視基板)」、「ADPi(ラズベリーパイ用高精度A/D変換基板)」等とは併用を前提とした設計になっています。

内容物(4GPi)

  • 4GPi

    1個

  • 4G アンテナ

    2本

  • DCジャック - XHP-2コネクタ変換ハーネス

    1本

  • USB-A オス - USBmini-b オスケーブル

    1本

  • 基板固定用六角スペーサ(M2.6)セット

    4セット

  • 同梱資料

    1部

※ピンヘッダは40 pinを実装しております(model A,Bには使用できません)。
※Raspberry Pi本体、SIMカードは付属しません。別途ご用意ください。
※対応SIMカードは全て標準SIM(25 mm × 15 mm)です。

その他、ご不明点などお問合わせください。

ラズベリーパイと4GPi(2018年11月1日から販売開始)を組み合わせて使用したブログです、今後随時追加してまいります。

4GPi(フォージーパイ)に関するお問い合わせ

SDカードやACアダプタはどこで入手できますか?
3GPiから移行されるユーザー様に配慮し、3GPiで同梱されていた稼働環境(Raspbian)構築済みmicroSDカードや対応ACアダプタ(12V 2.0A)は、4GPiでは同梱しておりません。新規に4GPiを購入される方は、株式会社スイッチサイエンスの通販サイトより購入可能ですので、ご活用ください
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi1
4GPiではGPSが使用できますか?
4GPiにはGPS機能が搭載されていませんので、ラズベリーパイで使用可能なGPS、みちびき等の位置計測モジュールを別途ご活用ください。(3GPi同様、4GPiでもSMAのコネクタが2個搭載されていますが、4G(LTE)ではアンテナを2本使用するためです、ご注意ください。)
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi2
対応しているSIMカードについて教えてください。
動作確認済み SIMに一部記載しておりますが、SIMの事業者/種類は膨大な為、弊社での個別確認は致しておりませんので予めご了承ください。
尚、ドコモ、au、softbankのキャリアIOT(inter-operability testing:相互接続性試験)については現在実施中で、各キャリアから直接入手されたSIMは接続出来ない場合がありますので、ご注意ください(各キャリアネットワークを使用したMVNOであれば基本的に接続可能です)。
SIMのサイズは標準(マイクロ、ナノはアダプタ等使用ください)、またアクセスポイント(APN)の設定につきましては接続設定を参照ください。
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi3
4G(LTE)回線経由でのネット接続が上手くできません。
下記をご確認ください。
  • ・4GPi本体(基板)がピンソケット(40pin)にしっかり差し込まれているか
  • ・SIMカードはSIMソケットに正常装着されているか(SIMの裏表、ソケットのロックを確認ください)
  • ・4Gアンテナは正しく接続されているか(アンテナは2本ございます)
  • ・付属のUSBケーブルでラズベリーパイと4GPi本体(基板)が接続されているか
  • ・ソフトウエアがセットアップされているか(こちら参照ください)
  • ・4GPi本体(基板)の青色LEDは点滅しているか(正常であれば電源ONからゆっくり点滅⇒早い点滅となります)

https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi4
現在使用しているLinux環境で4GPiを使いたいです。
4GPi は Raspbian での使用を想定しており、他の環境はサポート対象外となります。セットアップはこちらを参照ください。
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi5
どのように4GPiからラズベリーパイに電源供給されているのですか?
ACアダプタ(12V 2.0A推奨)から4GPiに給電し、ピンソケット経由で4GPiからラズベリーパイに5V供給しています。4GPiとラズベリーパイはUSB接続されますが、データ通信としての接続であり、電源供給はピンソケット経由となります。この結果、ラズベリーパイへの直接給電は不要ですが、4GPi側には電源ON、OFFの切替はなく、ACアダプタに給電されることで、自動的にラズベリーパイにも給電(=起動)されます。
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi6
4GPiの消費電力を教えてください。
4GPiはラズベリーパイと併用しますので、ラズベリーパイの消費電力も含めた形になりますが、データ送信時で約3.6~4.8Wとなります。(ラズベリーパイのCPU稼働状況にもよりますので参考値とお考え下さい)
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi7
4GPiで、音声やSMSも利用できるのでしょうか。
SMSは可能ですが(SMS機能付SIMの場合)、音声での通信(通話)機能はありません。データ通信は可能ですので、アプリケーション等でデータ通信機能を活用しての音声通話等は可能です。
https://mechatrax.com/faq/#faq-4gpi8